2021年8月10日(火曜日)

【重要】発熱患者さんの対応について

現在、コロナ感染者の拡大により問い合わせが増えております。直接ご来院いただいても対応が出来かねますので、必ず事前に電話での連絡をお願い致します。

2021年4月9日(金曜日)

月・火・金 ・土 午後の内科外来について

都合により、4月12日㈪よりしばらくの間、内科外来体制を一部変更させていただきます。
変更期間は2週間程度を予定しております。

  • 月曜日、火曜日、金曜日、土曜日 午後…休診
  • 土曜日 午前…梅谷医師

なお、水曜日、木曜日の午後は通常通り診察を行います。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

2021年3月29日(月曜日)

医師の離任・着任のお知らせ

今年度3月末をもちまして、以下の医師が離任いたします。
 ・岡﨑 優 医師(内科・糖尿病専門外来/4階療養病棟担当)
 ・米山 喜平 医師(内科外来)
 ・橋爪 洋平 医師(内科外来)

2021年4月より、以下の医師が着任いたします。
 ・石森 加奈 医師(内科/4階療養病棟担当)
 ・三小田 亜希子 医師(糖尿病専門外来)
 ・鈴木 知美 医師(内科外来)
 ・昭和大学藤が丘病院 呼吸器内科医局員(内科外来)

担当の交代にあたり、患者さんにご迷惑をおかけすることのないよう十分な引き継ぎを行ってまいります。何卒よろしくお願い申し上げます。

2021年3月18日(木曜日)

3/25㈭PM 整形外科外来開始時間変更について

3月25日㈭午後の整形外科外来は、都合により午後2時15分開始とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

2020年11月30日(月曜日)

梅谷医師をご紹介します

こんにちは、となりのサワコです

病院からのお知らせでもお伝えしたように、12月より金曜午前の内科外来の担当医が、梅谷医師に変更になります。今まで担当していた張医師は、今後は回復期リハビリテーション病棟を専従で担当します。

梅谷医師は、現在主に健診の問診や画像診断を担当しており、糖尿病などの内分泌代謝疾患全般が専門です。

*****梅谷医師からのコメント*****

金曜日午前の外来を担当させていただく梅谷と申します。これまで主に糖尿病、高血圧症、脂質異常症といった生活習慣病の診療に携わって参りました。

  ところで皆様は「健康寿命」を意識することはありますか。健康寿命とは日常生活を制限されることなく健康的に生活を送ることのできる期間のことです。日本人の健康寿命はおよそ男性72年、女性75年と平均寿命より10年も短いです。つまり人生最後の10年間は介護を要したり病気などで元気に過ごすことができない状態だということです。 

 一方で3000m級のアルプスの山々に行くと60代、70代の登山者を大勢見かけます。誰でも健康や筋肉を維持できれば70代でもかなり強い運動ができますし、90歳でも自立した生活は十分可能です
 糖尿病、高血圧症、脂質異常症など生活習慣病は老化を早め健康寿命を大きく削ってしまいますが、平成の30年間にこれら治療薬は別次元といえる程に進歩しています。ぜひその恩恵を受けていただきたいと思います。

患者さんのご希望や考え方、生活状況を考慮して一人一人に合った治療を患者さんと一緒に優しく考えていきますので、健康診断で引っかかってしまったら気軽に受診して下さると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

2020年11月30日(月曜日)

金曜午前内科外来担当医の変更について(12月~)

2020年12月より、金曜午前の内科外来担当医が変更になります。

 張 医師→梅谷 医師

12月からの外来担当表はこちらをご覧ください。

梅谷医師の紹介はこちら…
https://www.aoba-sawai.or.jp/gairai/#naika

※張医師は、引き続き回復期リハビリテーション病棟を担当いたします。

2020年9月29日(火曜日)

外来ミュージアム ~秋~

こんにちは、となりのサワコです

今日は、当院の接遇委員会の取り組みのひとつをご紹介します。
接遇委員会では、患者さんに気持ちよく受診、入院していただけるよう、様々な取り組みをしています。

職員の接遇力向上のための院内研修や、身だしなみチェックラウンドなどのほか、入院されている患者さんに季節を感じていただけるような写真や絵の入ったカードを定期的に作成してベッドサイドに飾ったりしています。
また、外来患者さんの待ち時間のストレスを少しでも軽減したいという思いで、『外来ミュージアム』というプロジェクトに取り組んでいます。

『外来ミュージアム』は、ただ何かを飾ってそれを見てもらうのではなく、院内外のいろいろな人たちと交流やつながりが生まれ、一緒に作品を作り上げられるような取り組みとなることを願い、始まったプロジェクトです。

残念ながら、このようなコロナ禍ですので、みんなで集まって一緒に何かを作る、ということが今は難しい状況です。

そこで今回は、
・入院患者さんに折り紙をちぎってもらう(指先のリハビリの一環)
・院内保育所の子供たちの製作(手形や足形ぺたぺた、落ち葉)
・委員メンバーで考えた言葉さがし脳トレゲーム
を合体させて、ひとつの作品に仕上げることにしました!

出来上がった作品がこちらです。

外来ミュージアム_秋

診察をお待ちになっている患者さんが、指を折りながら、言葉さがしをされている様子をよく拝見します。ご覧いただきありがとうございます!

電話番号0459010025