2021年6月30日(水曜日)

郷土料理を味わう…6月『岐阜県・三重県』

こんにちは、となりのサワコです

6月の行事食テーマは、『岐阜県・三重県』。

管理栄養士と厨房スタッフが、毎月趣向を凝らしたメニューを作成してくれています。
患者さんのみならず、職員もとても楽しみにしています!

岐阜県&三重県♪
梅雨時期らしくアジサイ柄のお品書き

今回のメニュー…
・四日市トンテキ
・きのこと野菜の朴葉みそ焼き
・海鮮サラダ
・あおさ汁
・梅ゼリー

見た目にも豪華なお食事でした!

四日市トンテキは、にんにくが効いていてご飯がどんどん進むおいしさ!
朴葉みそ焼きは、本物の朴葉を敷いて、甘味噌の上にお野菜を載せて。
患者さんから「今日は病院の創立記念日か何かなの?!こんなお食事が出るなんて!」と聞かれるほど、喜んでいただけました。

さて、今月の『さわいギャラリー』。
美味しそうなトンテキと朴葉みそ焼き。焼き色がたまらない!
後ろに有名なあの方々が並んでいます★

『さわいギャラリー ~岐阜県・三重県~』

これからも患者さんのココロとカラダに栄養をお届けできるよう、真心こめたお食事を提供していきます。

2021年6月18日(金曜日)

郷土料理を味わう…5月『宮崎県』

こんにちは、となりのサワコです

2021年度の行事食のテーマ「郷土料理を味わう」。
このコロナ禍で、ご入院中の方はもちろん、退院後もなかなか遠出がしづらい…そこで!月に一度の行事食で、全国を旅行している気分を味わっていただこうという思いで、企画しました。

ちょっと投稿が遅れてしましましたが、5月は『宮崎県』をテーマにお食事をご用意しました。

患者さんのお手元にはこのお品書きを。

今回のメニュー…
・チキン南蛮~手作りタルタル添え
・煮しめ
・ひじきの白和え
・切干大根のまだか漬け
・はちはい汁
・マンゴー

お弁当箱につめて、イベント感を盛り上げます★

あまり聞きなれない、“まだか漬け”と“はちはい汁”。
まだか漬けは、あまりの美味しさに待ちきれず、「まだかぁ~?!」ということから名付けられたとか。
また、はちはい汁は、8杯おかわりするほど美味しいからだそうです(諸説あり)。

どちらももりもりご飯を食べるイメージで、なんだか食欲が湧きますね!
患者さんも、様々なお味、食感を楽しまれ、たくさん召し上がっていました。

さて、今月の『さわいギャラリー』。
トレイの横に誰かいる…とお気づきですか?
あの有名な元宮崎県知事を作っちゃったそうです。似てる…。
病院1階の掲示板下に飾ってありますので、細かい手仕事をじっくりご覧ください。

現 宮崎県知事のお面をかぶった……
元 宮崎県知事!
『さわいギャラリー ~宮崎県~』

これからも患者さんのココロとカラダに栄養をお届けできるよう、真心こめたお食事を提供していきます。

2021年6月4日(金曜日)

新しいお風呂が入りました!

こんにちは、となりのサワコです

3階療養病棟と、4階療養病棟に、新しいお風呂(機械浴)が入りました!
ご自身で座位が保てない方、寝たきりの方でも、座ったままや寝たままの状態でストレッチャーから担架をスライドさせてそのまま入浴していただける特殊なお風呂です。

お風呂の時間は患者さんが入院生活の中で楽しみにされていることの一つです。
私たちも患者さんに心地よい時間をお過ごしいただくため、とても大切にしています。

3階病棟の機械浴
4階病棟の機械浴

患者さんに安全に入浴していただくため、新しい機械浴の操作方法のレクチャーを業者さんより受けました。

レクチャーの様子

より快適な入院生活をお過ごしいただけるよう、ソフトもハードも、ブラッシュアップさせていきたいと思います!

2021年4月26日(月曜日)

郷土料理を味わう…4月『神奈川県』

こんにちは、となりのサワコです

2021年度の行事食のテーマは、「郷土料理を味わう」です。

ご入院中の方はもちろんですが、退院後もこのコロナ禍でなかなか遠出がしづらい状況が続いています。そこで当院では、月に一度の行事食で、全国を旅行している気分を味わっていただこうと企画をしました!

毎月、都道府県をピックアップして、ご当地グルメで献立を組んでいきます。
軟菜食や嚥下食などの展開食も、可能な限りその雰囲気を味わっていただけるような献立をご用意したいと考えています。

先日、さっそく第一弾となる4月の郷土料理が提供されました。
今月は、当院の位置する「神奈川県」です。
神奈川県というと、皆さんはどんな郷土料理、名物料理を思い浮かべますか?

こちらを患者さんのトレーに敷いて。

今回のメニューは、
・グリーンピースご飯
・厚木名物とん漬け焼 生野菜添え
・崎陽軒のシウマイ
・大山豆腐の冷奴仕立て
・けんちん汁
・湘南ゴールドゼリーとオレンジゼリーのキウイのせ
でした。

春らしい彩りに仕上がりました

お料理の見た目にもこだわり、目と舌で楽しんでいただけたのではないかと思います!

さて、今月の『さわいギャラリー』。
焼売のセイロにちょこんと乗った、しょうゆの小瓶。
崎陽軒さんのあれ?!と思いきや、SAWAIの文字が…。
今月もかなり手が込んでいます。
病院1階の掲示板下に飾りますので、ご来院の際にはぜひご覧ください。

『さわいギャラリー ~神奈川県~』

これからも患者さんのココロとカラダに栄養をお届けできるよう、真心こめたお食事を提供していきます。

2021年4月21日(水曜日)

当院の作業療法士が紹介されました

こんにちは、となりのサワコです

少し前にはなるのですが、
ある情報誌に、当院の病院長と、リハビリテーション科の作業療法士が掲載されました!

その雑誌は、
『The Professional Wedding』(出版:株式会社ウェディングジョブ)。
ウェディングプランナーさんを中心として、
ウェディング業界に携わる方を対象とした情報誌です。
この雑誌の、「ココロとカラダの保健室×美人化計画」というページに、
インタビュー記事が掲載されました。

許可をいただき、こちらのホームページでも紹介させてただけることになりました。
株式会社ウェディングジョブ様、一般社団法人美人化計画様、
この場を借りて、心より御礼申し上げます。

今回は、リハビリテーション科作業療法士、石川の記事をご紹介します!

***本人のコメント***

青葉さわい病院に入職して4年目になる作業療法士です。
育休から戻り、改めて仕事の楽しさを実感しているところです。

これはウェディングプランナーさん向けの情報誌でインタビューを受けた時の記事です。
当院の作業療法士は、主に入院されている患者様に対し、リハビリテーションを提供しています。
患者様一人ひとりのご要望や目標に対し、細やかな評価を行い、そのご要望に近づけられるようリハビリを実施しています。
また、ご家族様への介護指導などもご希望に合わせて行っております。

より多くの患者様のお役に立ちたいと思い、日々業務にあたっています。

クリックすると記事ページがご覧いただけます
『The Professional Wedding』
2021年4月8日(木曜日)

着任医師のご紹介

令和3年4月1日付で、石森加奈(いしもりかな)医師が、着任いたしました。
担当は、4階療養病棟です。
皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

石森医師からのコメント

私はこれまで主に大学病院に勤務し急性期医療を行ってきました。

とは言っても私の専門分野のリウマチ・膠原病は一度発症すると長く病気と付き合っていかなくてはならない慢性疾患であり、何度も入退院を繰り返す方もいますし、疾患によって発症しやすい年齢も様々で若い方からご高齢の方まで幅広い年齢層の患者様がおられますので、それぞれに合わせた治療法や病気との付き合い方を常に考えてきました。

青葉さわい病院では療養病棟を担当させていただきます。これまでの経験を活かし、病気だけではなく患者様やご家族皆様の状況に合わせて、より良い選択肢と医療を提供したいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

2021年3月24日(水曜日)

前十字靭帯損傷予防オンライン講習会

こんにちは、となりのサワコです

当院の法人グループがスポンサーをつとめる「日体大FIELDS横浜」の選手の皆さんへ向けた、『前十字靭帯損傷予防オンライン講習会with日体大FIELDS横浜』が先日当院にて行われました。

講師は、当院のリハビリテーション科科長、理学療法士の宮本が担当しました。

チームの選手の皆さんにモデルになっていただき、トレーナーさん、マネージャーさん、日体大トレーナー研究会の方に向けた講義でしたが、その様子をライブストリーミングで法人グループの他病院のリハビリテーション科スタッフにも勉強会として共有しました。

宮本からは、前十字靭帯を損傷しすいプレーや動き、予防につながるトレーニング方法、
女性ならではの注意事項など、多岐にわたり話がありました。
講義の後も、皆さんから多くの質問をいただき、盛況のうちに終了しました。

来院された選手の中に前十字靭帯を損傷したばかりで現在治療中の方がいたり、
一緒にいらっしゃったコーチも過去に前十字靭帯損傷の経験があるというほど、
サッカーでは、前十字靭帯(ACL)損傷の発生率が高いと言われています。
日体大FIELDS横浜も昨シーズン、複数名の選手がこのACL損傷をしてしまったそうです。

今シーズンは、ぜひ怪我なく、皆さんが力を出し切れるシーズンになりますように☆

日体大FIELDS横浜の応援団として、このような講習会を継続して開催していきたいと思います!



↓↓日体大FIELDS横浜のSNSでも紹介されました!

2021年3月17日(水曜日)

おいしい家庭料理レシピ「カブとブロッコリーのアヒージョ」

こんにちは、となりのサワコです

当院の管理栄養士がご紹介する、おいしい家庭料理レシピ。
今日ご紹介するのは、「カブとブロッコリーのアヒージョ」です。

カブの旬は、3~5月の春と、10~11月の秋の2回あり、
春物は肉質がやわらかいのが特徴です。
そのままサラダで食べたり、お味噌汁に入れたりしても美味しいですが、
たまにはこんなレシピもいかがですか?

*****************************

~カブとブロッコリーのビタミンCで免疫力Up~

一日の温度差が大きいこの季節。
免疫力を上げて、風邪をひきにくい体にしたいですね。ブロッコリーは油と一緒に摂るとビタミンの吸収率がアップします。
ちょっとした副菜にも、おつまみにもなりますので、是非お試しください!

*シーフードやツナ缶を一緒に入れてもgood👍

〈材料 2人分〉

カブ1個半
ブロッコリー8房
ホワイトマッシュルーム2個
オリーブオイル100ml
鷹の爪小さじ1/2
にんにく1片
小さじ1/2
バジル粉(パセリ粉)適量

<作り方>

  1. フライパンへオリーブオイル・にんにくを入れて、にんにくが少し色づくまで中火にかける。
  2. 1へカブ・ブロッコリーを入れて全体に油をかけながら煮込む。
  3. ある程度火が通ってきたら、マッシュルーム・塩・鷹の爪を入れる。
  4. マッシュルームが色づいたら火を止める。
  5. お好みでバジル粉またはパセリ粉をかけたら出来上がり。

<栄養成分>(1人分)

・エネルギー:447kcal
・たんぱく質:3g
・脂質:13g
・炭水化物:7g
・塩分:1.5g

2021年3月11日(木曜日)

あれから10年。

東日本大震災から今日でちょうど10年を迎えました。

街の復興は着々と進み、
震災後、整備された東北の街並みを見ると、
自然に立ち向かう人間の力強さを感じます。

同時に、
大切な人を失った方々の悲しみは、
10年経っても、何年経っても、変わることはありません。

当たり前が、当たり前ではなくなる。

コロナ禍では、世界中の人々がこれを体験し、
少しの我慢と、少しの思いやりの大切さを学びました。

「思いやり」そして、「『生きている』喜びを」

当院の理念を忘れることなく、
私たちには何ができるのか、何が求められているのかを考えながら、
日々患者さんに向き合っていきたいと思います。

2021年3月4日(木曜日)

目と舌で味わう行事食~3月~

こんにちは、となりのサワコです

昨日は3月3日、ひな祭り、桃の節句でした。
女の子の健やかな成長を願う日ですね。

私が子供の時は、母が毎年ひな人形を飾ってくれました。
小さなおままごとのような楽器やほうきなどの小物を、ひとつひとつ丁寧にひな人形たちに持たせて、一日がかりで飾ってくれたのをよく覚えています。

さて、今日の行事食をご紹介します!

春満開ひな祭りメニュー

メニューは…
 蟹とイクラのちらし寿司、
 つくしと筍の玉子とじ、
 イカとうどの酢味噌和え、
 すまし汁、
 やわらか大福、でした。

つくしと筍の玉子とじ

つくし、皆さん召し上がったことありますか?
つくしって食べられるの??初めて食べた!!
と言っているスタッフがたくさんいました。

デザートは、やわらか大福。
お餅のベタベタする感じのない、介護食用に作られた大福で、嚥下機能を評価する言語聴覚士が事前に試食をし、普段、お粥、軟菜食を召し上がっている患者さんにもお出しすることができました。

しっとりやわらか大福

花粉はあまりうれしくありませんが、
春が来るのはやっぱりウキウキしますね!

今月の『さわいギャラリー』。
うずらの卵のようなかわいいおひな様と、ぼんぼり。
今月の作品も、病院1階の掲示板前に飾りますので、
ご来院の際はぜひご覧ください!

うずらの卵みたいなかわいいおひな様

これからも患者さんのココロとカラダに栄養をお届けできるよう、真心こめたお食事を提供していきます。

電話番号0459010025